トピックス

カンガルーマーク・こども110番マグネットシートのご案内

お知らせ

くらしをサポート

組合費・保険料

※注 メールアドレスは掲載いたしません。
    メールでのご質問は受けられません。
    このホームページや組合についてのご質問は
    呉支部の方へご連絡ください。

広島支部

リンク

広島建労

五日市支部

全建総連

建設系廃棄物マニュフェスト

6.25住宅デー

国保組合からのお知らせ

(技対・訓練協会)第44回大工・左官技能競技大会を開催しました

組合費支払い方法について

対象者:75歳以上の方が組合に残留された場合

1、組合費支払い方法

1)一括年払い  金額 43,920円
 内訳:本部費 14,400円  支部費 15,600円  共済会費 8,400円  全労済費 5,520円
2)月払い     金額 3,660円  (43,920円÷12ヶ月)

2、組合費納金方法  

1)事務所窓口にて納金
2)建設労働組合呉支部の口座に銀行振り込み
  (振込み用紙が呉支部に置いてあります)
3)引落としもできます
※詳しくは、呉支部に連絡してください

平成20年1月10日

広島県建設労働組合
      呉支部  事務局

平成30年 4月 1日現在
呉支部組合員1064名
         先月より11名減

組合員に残っていだだくと、色々なサポートが受けられます。
詳しくは くらしをサポート を見てください。

 老人医療費が増大する中、現役世代と高齢者世代の負担を明確化し、公平で分かりやすい制度とするために、75歳以上の高齢者(一定程度の障害がある65歳以上の方を含む)を対象に、その心身の特性や生活実態などを踏まえて、今まで加入していた医療保険から独立した「後期高齢者医療制度」が平成20年4月より始まります。

後期高齢医療制度

後期高齢者医療制度について (詳しくはこちら)

建設国保が実施している
各種検診等の補助

人間ドッグ・脳ドッグ補助申請について

労働安全標語

安全は、

  整理・整頓 清掃から

       

             

 第6地連江田島・依怙 不二夫さん

   平成28年度・入賞

特定健康診断

ヘリカルCT

重要
必ず見てください

特定健診・特定保健指導
特定健診受診促進標語
  ◎ 特定健診 みんなで受診の声掛けて
  ◎ 酷使する 自分の体 総点検

・特定健診

メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)に着目した健診です。メタボリックシンドロームとは、内臓脂肪の蓄積により脂質異常症(高脂血症)、高血圧、高血糖などが重複した状態のことです。自覚症状はほとんどありませんが、放っておくと動脈硬化が急速に進行して、心臓病や脳卒中、糖尿病の合併症などを引き起こしやすくなります。

「基本的な健診項目」
・問診・身体測定・血圧測定・尿検査・肝機能検査・血液脂質検査・血糖検査

※平成23年4月より健診項目が2つ増えます
・採血での前立腺がん検査・便採取による大腸がん検査

・特定保健指導

メタボリックシンドロームの概念に基づいて、復位とBMIをベースに特定健診結果と喫煙の有無などを加味し、生活習慣の改善に取り組んで将来の生活習慣病を防ぐことが必要な方に保健指導を行なわせていただきます。
【*BMI「体格指数」とされ(体重kg)÷(身長m)2で算出されます。】

行政(各市町)が健診車を公民館等に派遣して行なう集団検診のうちで、特定健康診査については、建設国保に加入しているみなさんは、受診することができません。
この特定健康診査については、建設国保が独自に行います。したがいまして、建設国保に加入しているみなさんは、所属の各地連・支部で手続きを行っていただき、建設国保が契約している検診業者で受診していただくようになりますので、注意してください。
特定健康診査・保険指導の費用については建設国保が負担するので、自己負担はありません。

広島建労のモバイルサイトです。バーコード読み取り機能のある携帯電話で上記の「QRコード」を読み取ると簡単にアクセスできます。

※別途通信料がかかります。

広島県建設労働組合

第五地連 瀬戸内   呉

高額な外来診療を受ける皆さまへ

  

青年部

主婦の会

4月行事予定

呉支部


目標  今年度は特定健診受診率70%を目指しています。

アクセスカウンター

資格の異動など速やかに届出を

 建設国保は自主運営の組合ですが、法律に基づいて認可された公益法人であり、国から多額の補助金を受けています。
 そのためすべての面で適正な運営を行う必要があり、被保険者資格にかかわることや組合員さんの職種・勤める事業所に関することなど、変更が生じた場合には迅速な届出を出すことが定められています。

 組合員さんは変更が生じた場合には、必ず地連へ届出を出してください。

保険証・高齢受給者証 4月より新しい証にかわります

 現在、みなさんがお持ちの建設国保の保険証は今月末で有効期限が切れ、4月より有効の新しい保険証にかわります。

 有効期限の切れた保険証では病院にかかることができませんので、保険証の交換は速やかに行ってください。

 また、70歳以上の前期高齢者の方に交付している高齢受給者証についても4月より新しい証にかわります。世帯の中に前期高齢者がいらっしゃる組合員さんは、保険証と一緒に高齢受給者証の交換も忘れずに行ってください。

 ただし、今回交換する高齢受給者証は、今年4月から7月末までの4ヶ月間有効の証です。保険証と高齢受給者証とでは有効期限が異なりますので注意してください。


記載事項の確認を

 新しい保険証・高齢受給者証をもらったら、すぐに住所・氏名・生年月日等、記載事項に誤りがないか確認してください。万一記載事項に誤りなどがあった場合には、正しく記載した証を発行し交換いたしますので、事実を確認できる書類と保険証、高齢受給者証を持って地域連合へ申し出て下さい。