建設国保が実施している各種検診等の補助

〈肺がん (アスベスト)検診補助〉

【対象検診】 各地域連合の実施計画に基づき、検診車を派遣して行う肺がん検診
【対 象 者】 組合員および配偶者(建設国保に資格のある方)
【補 助 額】 ◇広島県環境保健協会・・・検診料金10.260円(税込)のうち6.260円を補助
          自己負担額4.000円が必要です
         ◇中国労働衛生協会・・・診察料5.400円(税込)のうち3.400円を補助
          自己負担額2.000円が必要です
★肺がん(アスベスト)検診は、各地域連合の実施計画に基づいて行われます。
  検診など手続きの詳細については所属の地連へお問い合わせください。
※放射線被爆は極微量となっており問題はない量ですので、喫煙者・要再検査の方は
  毎年の受診をお勧めしています。しかし、肺・心疾患の疑いがある場合等は十分考慮
  のうえ、受診をご検討ください。

〈歯科検診補助〉

【対象検診】 建設国保の指定する歯科医院で受診した歯科検診
【対 象 者】 被保険者全員
【補 助 額】 年(4月〜翌年3月まで) 1回
         検診料3,240円全額
★補助を受けるには
  @指定歯科医院を確認。検診日を予約して、所属の支部で検診票を交付してもらう。
  A受信日当日、忘れず検診票を持って行く。検診料の支払いは不要。

〈契約保養所利用補助〉

【対象宿泊】 日本交通公社(JTB)または日本旅行のどちらかと契約を
         結んでいる宿泊施設での宿泊
【対 象 者】 被保険者全員(0歳児は対象外)
【補 助 額】 年(4月〜翌年3月まで)1回
          組合員2,000円、家族1人につき2,000
         ※平成27年4月より補助額が変更になりました。 
★補助対象となっている宿泊施設や手続き方法など、詳細は地連へお問
  い合わせください。
★年度末には間に合うよう、早めの申請をお願いします
※日本交通公社(JTB)での事前申請、
  インターネット予約が利用出来なくなりました。

〈インフルエンザ予防接種補助〉


【対 象 者】 ・接種日時点で65歳以上の被保険者(地方自治体(市・町)のインフルエンザ
          予防接種制度を利用)
         ・接種日時点で1歳以上〜小学校入学前までの被保険者
【接種期間】 10月1日〜翌年2末日までの1回
【補 助 額】 接種費用に関わらず、1,000円を限度として補助
【補助対象数】人数に制限があり、該当対象者2.000人までを補助
★補助を受けるには
 @接種費用を支払ったとき、必ず領収書をもらう。
 A領収書(原本)を持って所属の支部で補助申請の手続きをする。

〈がん検診補助〉

【対象検診】 地方自治体(市・町)が実施しているがん検診
【対 象 者】 組合員および配偶者(建設国保に資格のある方)
【補 助 額】 年(4月〜翌年3月まで)1回
          本人負担額全額
★補助を受けるには
 @検診料を支払ったときに必ず領収書をもらう。
 A領収書(原本)を持って所属の地連で補助申請の手続きをする。

〈PET-CTがんドッグ健診〉

【対象検診】 建設国保の指定する医療機関で受診したPET健診
         (広島平和クリニックまたは公益財団法人大原記念倉敷
          中央医療機構総合保健管理センター))
【対 象 者】 組合員および配偶者(建設国保に資格のある方)
【補 助 額】 年(4月〜翌年3月まで)1回
         組合員・配偶者ともに40,200円を補助
★補助対象機関へ予約をした後、「PET-CT健診受診票兼補助申込書」を
  所属されている地連の窓口に連絡してお申し込みください。