〜高額な外来診療を受ける皆さまへ〜

 平成24年4月1日から、従来の入院療養に加え高額な外来診療を受けたときについても、被保険者証と一緒に限度額適用認定証等を提示すれば、ひと月の医療機関等の窓口での支払が一定の金額にとどめられます。

 これまでは、高額な外来診療を受けたとき、ひと月の窓口負担が自己負担限度額以上になった場合でも、いったんその額をお支払いただき、後で建設国保から高額療養費としてお返ししていましたが、平成24年4月1日からは、医療機関等の窓口に限度額適用認定証等(※)を提示すれば、限度額そ超える分を支払う必要はなくなります。

 また、保険薬局、指定訪問看護事業者での保険診療についても同様の取扱を受けることができるようになります。

 限度額適用認定証等は、建設国保に事前に申請し、交付を受ける必要がありますので、交付申請を地連で行なってください。

 (適用区分判定のため、建設国保に資格のある被保険者全員の課税台帳記載事項証明書が必要となります。修学中で収入のない方については、前期証明書のかわりに申請書に必要事項を記入し、提出して下さい。
 義務教育年齢以下の方は申込書も必要です。
 なお、既に高額療養費申請・前期高齢者申請で、適用区分確認書類を提出済みの方は必要ありません。)

(※)70歳未満の方、70歳以上の非課税世帯等の方:
   「限度額適用認定証」、または「限度額適用・標準負担額減額認定証」
   70歳以上75歳未満で非課税世帯等ではない方:
   「高齢受給者証」

高額な外来診療受診者 事前の手続き 病院・薬局
70歳未満の方
70歳以上の非課税世帯等の方
所属の地域連合に「認定証」(限度額適用認定証)の交付を申請してください 「認定証」を窓口に提示してください
70歳以上75歳未満で、非課税世帯等ではない方 必要ありません 「高齢受給者証」を窓口に提示してください

◎「認定証」を提示しない場合は、従来どおりの手続きになります。
 (高額療養費の支給申告をしていただき、支払った窓口負担と限度額の差額が、
 後日、建設国保から支給されます)